Entering Passive Mode

カテゴリ 'WWW' の記事
< 1 2 3 4 5 >

Web サーバの応答

まずは、サーバの返信したデータから見てみよう。
見慣れた HTML の前に空行があり、
その上に数行の情報が追加されている。

    HTTP/1.1 200 OK

最初の行は、ステータス行と呼ばれ、
HTTP のバージョンと、要求の成否などの情報である。

最初の 「HTTP/1.1」により、
Web サーバがこの通信に使っている、
HTTP のバージョンが 1.1 ということが分かる。

Fiddler: HTTP デバッグツール

Fiddler

HTTP の通信内容を調べるのには色々な方法がある。
昔からよく行われているのは、
telnet を利用して直接対話してみるという方法だが、
これは今から学ぼうとする人にはちょいと敷居が高い。

例えば、プログラミングを学ぶ際に、
いきなりリファレンスを読み出す人は稀なわけで、
大抵は、サンプルコードを見ながらつ覚えていくだろう。

HTTP などの通信プロトコルを学ぶ際も同じことが言える。
まずは、サンプルを見ながら、
どういう風に通信が進んでいるか確認すれば良い。

通信の基本: HTTP

ネットワークには色々な通信規格があり、
それらは階層構造を成している。
その 1 つである HTTP は TCP ベースの通信規格である。

TCP は、クライアントとサーバの間で、
双方向にデータを送信することを可能とする
プラットフォーム(通信に関するフレームワーク)だ。
その挙動はよく電話に例えられる。

TCP のサーバは決まった IP とポートで待機しており、
クライアント側からサーバに接続し、
着信を受けたサーバが接続を受理することで通信が始まる。

Web にまつわるエトセトラ

さて、今まではコーディングを中心とした話題が多かったが、
次のネタは、技術をメインとしてみようかな。

では、複雑化してきている Web と、
その中で使われている多様な技術に着目してみよう。

インターネットという言葉が普及して約 10 年になる。
その中ですごい勢いで進化しているのが Web だ。

最近は何でもインターネットという時代になった。
色々な種類の Web サイトがあり、
多種多様なサービスを提供している。

< 1 2 3 4 5 >
このページのトップへ戻る
© 2008 Project Loafer/Project Fireball and all blog writers. Powered by Nucleus CMS