今度は、Web サービスを利用する側、
つまり、クライアントの方を考えてみよう。

RPC 系の Web サービスは、高度な水準であるため、
主に SOAP 機能を持つプログラムで利用される。
基本的に通信内容の XML はフレームワークで処理され、
プログラマが直接 XML を扱うことは殆どない。

REST や、任意の XML を利用する Web サービスの場合、
(便宜上、データ系と呼ぶことにする)
XML はそのままデータとして扱われるので、
XML の内容を、自力で解析する必要があり、
HTTP で通信を行う機能を持ち、
DOM 等で XML の解析が可能なプログラムで利用される。