Web サーバが XML によるデータを外部に公開し、
データの形式や、利用(呼び出し)方法を規格化することで、
HTTP を媒介として構造化データの通信が可能となる。
こういう機能は Web サービスと呼ばれる。

ユーザエージェントから Web サーバに、
クエリ文字列や本体を経由してパラメータを渡し、
Web サーバが処理して XML で結果を返す。

基本はこれだけである。