XML によって、データの交換が容易になり、
Web サイト間でデータを XML で受け渡し、
それを加工して表示するようなサービスが生まれると、
XML の重要性はますます増してくることになる。

そんな時、新たな問題となってきたのが、
初期の頃から WWW を支えてきた HTML であった。

XML を中心に構築されたシステムでも、
利用者が Web ブラウザで操作する画面を表示する際は、
最終的に HTML を使って表現する必要がある。