アドインを作るのは非常に簡単だ。
「名前をつけて保存」を選択し、ファイルの種類から、
「Microsoft Office Excel アドイン (*.xla)」を選ぶだけ。

ファイルの種類をアドインにすれば、
自動的に AddIns 用のフォルダに移動する。
この場所に保存しておけば、
自動的にアドイン一覧に登録される。

導入にもテストにも便利だが、
勝手にフォルダに移動するので、
どこに保存したか忘れないように注意。

さて、アドインを利用してみよう。
AddIns フォルダに保存した場合、読み込むのは楽だ。
念のため一度 Excel を終了し、再度起動し、
適当なパズルの入ったブックを開く。

「ツール」→「アドイン」を選択すると、
アドイン一覧に、「Nonogram」が追加されているので、
チェックボックスにしるしを入れるとロードされる。

アドインは、ブックのように見た目を持たないため、
ロードしても何も変化がないように見えるが、
Alt + F11 で VBA の IDE を開けば、
確かにプロジェクト一覧に追加されているのがわかる。

では、使ってみよう。F8 を押してマクロ画面を開く。

……あれ? Solve がない。

実は、アドインでは、マクロは使用できないのだ。
アドインに含まれるマクロは直接利用できない。

アドインのメリットは、独自のワークシート関数や、
メニュー、ツールバーなどを定義し、
Excel の追加機能のように実装することであり、
ユーザ主体のマクロは使えないのだ。

ののぐらむを使えるアドインとするためには、
最低限メニュー項目にすることが必要なようである。