さて、アルゴリズムに関してはここまでとしよう。
まだまだやりたいことはあるがきりがない。

Nonogram.xls がだいぶ肥大化してきた。
理由は、Excel のファイル形式の制約もあるが、
何といっても VBA コードやパズルの問題などが
すべて同じブックに格納されているからだ。

そこで、問題を解くための処理を書いたブックと、
問題だけを格納したブックに分離して管理することにした。
サイズ的にもすっきりしたし、
必要な問題だけを開くことができるようになった。

ただ、ひとつ面倒なのは、問題を解く際に、
問題が入ったブックだけでなく、
VBA の入ったブックも一々開かなければならない事だ。

さて、その問題を解決するための、スマートな手段がある。
それは、「アドイン」を作成することだ。

アドインは簡単に読み込むことができる上に、
Excel 起動時に自動的にロードさせることもできる。
不要なときはチェックひとつでアンロードもできる。

また、アドインはブックとしてのウィンドウが見えないので、
画面もすっきりとするのだ。
Excel にある、分析ツールやソルバなども
アドインとして実装されている。

また、人に配る場合も、アドインなら非常に便利だ。
ダブルクリックだけで、テスト読み込みが可能であり、
実際に組み込む場合も、アドイン用のメニューがあるので、
Excel のライトユーザでも使うのが簡単だ。

今作っているののぐらむのブックも、
完成さえすれば、VBA のコードを触ることはないので、
アドインとして作り変えてみよう。