フィルタアドレスの検証ルールを実際に作っていこう。

検証コードの作成には柔軟性があるので、
簡単にクラスを用意することができるが、
Struts を介して利用するためには従うべきルールがある。

Struts では、エラーを ActionMessages で表現する。
Commons Validator には ValidatorResults クラスがあるが、
これは使わず ActionMessages に直接格納することになる。
なので、ActionMessages を引数として受け取る必要がある。