少し前から、ブラウザのアドレス欄の「http://」が表示されないようになった。
HTTP がインターネットプラットフォームの独占的な地位を得た証明なのかもしれない。
そのうち「http」という言葉すら知られなくなっていくのだろうか。