昨日作った WriteRegistryStringValue を使うと、
COM クラスとエクステンションの登録処理を、
少しは見やすく書くことができる。

========== library.cpp ==========

// (…前略…)
// (…DllMain…)
// (…DllGetClassObject…)
// (…DllCanUnloadNow…)
// (…WriteRegistryStringValue…)
// (…DeleteRegistryValue…)