一般的に、COM のライブラリ(DLL)は、
regsvr32.exe というシステム附属のツールで登録される。
regsvr32 は DLL の特定の関数を呼び出すだけなので、
COM クラスの登録等は、DLL 側が関数を用意して行う。
つまり、製作者は自由に登録処理を書くことができる。

.NET で作った場合は、純粋な COM DLL は作成できないため、
regsvr32 では登録できず、.NET Framework 附属の、
regasm.exe というツールで登録される。

しかし、regasm は regsvr32 と違い、
アセンブリが COM 用に公開しているクラスを
自動的に登録してくれるため、製作者は何もする必要がない。