マウントポイント機能は、
使い方次第では非常に便利である。

ディスクを複数のパーティションに分けている場合、
システムドライブに空き容量が不足しても
マウントポイント機能を使えば、
ドライブにある適当なディレクトリの実体を、
別のボリュームに置くことができる。

ボリュームマウントポイントの場合は、
Windows で正式にサポートされているため、
GUI によって設定することもできるが、
別のボリューム全体がマウントされることになる。