実際に拡張表現を試してみよう。

サンプルとして、Windows フォルダ内にある、
win.ini にアクセスしてみよう。

エクスプローラのアドレスバーや、
ファイルを開く汎用コモンダイアログでは、
拡張パス表現に対する対応をしているが、
コマンドプロンプトや「ファイルを指定して実行」は、
そのような制限がないため、入力して試すことが可能だ。