昨日のもう 1 つのパスはもう少し保留しておき、
ファイルのパス表現について考えてみよう。

パソコン利用者やプログラマに単に「パス」と言えば、
こちらのファイルパス表現のことを指す。
これは、C:\~ や \\server\share\~、..\ などの、
一般的によく見る表現のことである

通常は、このパス表記を使ってファイルにアクセスする。
プログラマがファイルを利用する場合、
パスを指定してプログラミング言語固有の機構を使うが、
これは、Windows の基幹 API を呼び出す。
ファイルの場合、通常 CreateFile API である事が多い。