近傍法は、拡大にも縮小にも適用できる。
また、元の画像に含まれている色を必ず使用するので、
カラーテーブルを持つ画像にも適応することが可能である。

しかしながら、文字や線を拡大縮小する場合は、
元の画像が持つジャギー(線のぎざぎざ)を
より強調してしまう可能性が高い。

近傍法の一番大きな問題は、
元の画像の色を完全に無視していることにある。
データによっては、上記のような悪い結果になるが、
近傍法では、それらを感知することはできない。

そういった場合にはどうすればいいだろうか。