My Cheat Sheet

カテゴリ 'General' の記事
«Prev 1 2 Next»

為替で勝つには

この間ファイナンスのクラスで授業を受けていて、
これ、為替やったら絶対勝てるやん。。。

ということを思いついちゃいました。

現在の日本経済から推測して、
日本での円の運用利率は極めて低いと考えられます。
(仮に年利1%だとしましょう。)

これは今後の先行きを見ても、上がることは期待できない。
これは絶対ではありませんが、当面はこうなるであろうという考えができます。

で、

運用利回りの高い貨幣を探します。
(仮に年利4%だとしましょう。)

為替で買いの予約を入れる場合、双方の金額を運用した結果の数値で、
両方が等しくなるように算出されます。

つまり・・・。

<1ユーロ = 100円だった場合>

100円 * 0.01 = 101円

1ユーロ * 0.04 = 1.04ユーロ

1.04ユーロ / 101円 = 97円

この97円が先物で購入できる金額となります。

となると、何もしなくても、3円は儲かることになります。

あとはレバレッジを効かせ、ポートフォリオを組めば、
絶対に勝てると思いませんか?

しかし、これを行う際、初期費用が大きくかかります。

大きくかかるというよりは、大きな初期投資額がないと、
運用利回りは高くないので、あまり意味がないということです。

今回は100円でやりましたが、これを100万円でやった場合、
3円ではなく30,000円もうかることになります。

ここが1000万になれば、一年で30万。。。
かなり大きいですよね。

ただ、運用するお金がないので、
勝てるといっても、余ったお金がないとダメなんですけどね^^;

ただ、絶対にこうの方法だったら勝てるじゃん。

という方法があっても、100%勝てるということではありません。

そこには「投機」があるからです。

「理論を知っているからってなんなんだ?」

という方もいるかも知れませんが、、、

「理論なき実践は無謀である。実践なき理論は空虚である。」

更に、今日のクラスでは、MBAを学ぶ仮定で、テクニックを身につけることはできますが、
ファイナンスで使う方程式を覚えてたって、クソの役にも立ちません!!
これを自身の人生に活かせてこそ価値がでるのです。
全社戦略の下に財務戦略があり、こんなもん全社戦略ありきですよ。

という話がありましたが、逆に、上述にあった、
我らがドラちゃん(P.ドラッガー)の言葉も心に留めておきたいと思います。

経営者の立ち位置

ベンチャー企業においての経営者の立ち位置とは、
どのようなポジション取りをすべきなのだろうか?


経営者として重要なものは、ビジョナリーカンパニーを筆頭に、
様々なビジネス書で議論されている。

 ・強いコミットメントのあるリーダーシップ
 ・ブレのない軸
 ・目指すべきクリアなヴィジョン

特にこの3点は、経営者が持っていなければならない当然のスピリッツであると考える。

しかし、ベンチャー企業においてはどうなのだろうか?

「ブレのない軸」「沸き起こるパッション」を持っていたとしても、
戦略と戦術が外部にヒットしなければ、
決して収益性のある息の長い企業へと転換することは困難である。

また、誰もが描くことのできない創造性をもっていたとしよう。
創造性を持っている人は、これを実行に落とし込むことが困難である人が多い。

よくある話として、幹部は夢のような話をするが、
事業部長は現実的な話をする。

などという企業をみたことがあるのではないか。


「コミットメント」「軸」「ビジョン」の3点は非常に重要なものであるといえる。

ただし、戦略と戦術とオペレーションの確立がうまくいき、
市場に受け入れられることができてこそ、
第一発目の花火があがったことになるのではないか。

では、この戦略と戦術を念入りに構築したとする。

オペレーション、つまりは内部におけるマネージメントと
強いリーダーシップを発揮できる組織を構築することができたとする。

ここで、全てがうまくいけばいいが、うまくいかなかった場合、
確率論の話が浮上する。


ある天才は、「1個ではなく、楽しいこと新しいことは100個してくださいね。」
なんてことを簡単にいう。

ただ、世にない新しいことを100個生むことはどれだけ大変なのであろうか?

確かにドキドキワクワクする。

けど資本は有限であり、投資先を間違えた際、同時に大きなリスクを伴う。


となれば、やはり柱の事業(収益性の高い)を持たない企業は、
時間とともに朽ち果ててしまうのであろうか?

いや、セレンディピティやシンクロニシティといった考えがある。

ただ、それで未来を作りだすにはどう進めばいいのか?

ここでやはり最初の3点の議論に戻ってしまう。


理想はよしとして、今、自身を取り巻く環境はどういったギャップがあるのか。。。

そのギャップは自分で埋めることができるものなのか?

自身の意思決定に誤りがないことに気がつく。

良い会社とはなんなんだろうか?

経営者は人の3倍自分を見つめなければならないのかも知れない。

実践的リーダーシップ・組織論


ちょっと今日は長い話を書きたいと思います。

ちょっと長いので、ヒマな時にでも読んでいただけると幸いです。
ただ、読んだあと、オチがないじゃんか!!と怒らないでくださいね。

それくらいツラツラと書いてみたいと思います。。。



さて、皆さんにいきなり質問しますが、
皆さんがつとめてらっしゃる会社の従業員は、
全員が毎日120%の力を出し切っている状態で、
仕事をしているときはイキイキとしており、
目がキラキラ星の王子様みたいになっていますか?



さて、どーでしょ?









・・・・・。











「瞬間だけそういうことがあった!!」


とか、


「あのPJの時のメンバーは全員イキイキしていたよ♪」


とか、


期間限定なものであったり、全部ではなく一部の人の話であれば、
それは存在することかも知れませんが、
企業の中の全員が120%の力を出し切っていて、
全員が疲れたぁなどと弱音を吐かず、全員が仕事を存分に
楽しんでいる状態を保ち続けている企業って、、、
(楽しんでいる状態を保ち続けている企業ってとこがミソですね。)





私は正直見たことがありません^^;

(月の満ち欠けが原因なんでしょうか。。。正直わかりませぬ。)




これは、

「毎月の収支を安定させること」よりも、

「スケジュールが遅れているのを巻き戻すこと」
よりも、

「昨晩夜ご飯を食べていないのに、次の日ランチを我慢すること」よりも、

私はケタ違いに難しいことだと思います。


創業してから、3年間ほど、色々な本を読んでみましたが、
まだ自分の中で答えは100%定まっていません;-;


本の中で取り上げられている事例をみて、
少し脚色されていることを多めに足したとしても、
延々と持続しているというケースがかかれた本には
未だ出会っていません。
(もしあれば、是非参考にさせて欲しいです。はい。)


組織の中の個(全員)が、仕事をしている時は毎日エキサイトし、
一つの目標に向かって、全員が一丸となって全力を出しきっている状態って、
持続することは可能なのでしょうか?




ここまで書いていて、少し気にかかることが出てきました。
まずは、ここで私と皆さんの認識を合わせておきたいと思います。




まず、一つずつ論理展開しながら考えていきたいと思います。




少し皆さんに考えて頂きたいのですが、
上述した状態で、仕事に打ち込むようにするためには、
ナニが必要だといえますか?


下記以外にもいくつか要素は考えられると思いますが、
MECEに書き上げることが目的ではないので、
参考程度に書き出しますね。


 a.自分の望む報酬を頂ける環境。

 b.定時ダッシュできる環境。

 c.信頼できる仲間のいる環境。


 d.プライベート(趣味)が充実させることのできる環境。


 e.指示されたことだけしていればよい環境。


 f.毎日何かしらの事件があり、どんな事件が起きるのか予想のつかない環境。


 g.自分よりも戦闘能力の高い人ばかりいる環境。


 h.ちょっと本当にできないんですけどぅ~という仕事ばかりある環境。


 i.飲みにケーションが好きな人ばかりいる環境。


 j.魅力的な異性が沢山いる環境。




今、思いつくだけズラズラ書き連ねましたが、
皆さんの望む環境はありましたか?


これがあれば、どんなにキツイ仕事でも、
楽しく全力で乗り切ることができる!!!




といった要素です。


ここは私の好みを選ぶこととして、
以下の二つを選択したいと思います。


 c.信頼できる仲間のいる環境。
 g.自分よりも戦闘能力の高い人ばかりいる環境。


この選択は、ビジネスマンとしては
比較的前向きな意見だと思いますが、現実はどうでしょう?

※因みに、以下を選んじゃった方は、
 この続きを読んでもつまらないかもしれません^^;

 b.定時ダッシュできる環境。
 d.プライベート(趣味)が充実させることのできる環境。
 e.指示されたことだけしていればよい環境。



次に質問を変えてみます。


皆さんは一緒に働く周りの人間を100%信頼していますか?
また、自分自身の戦闘能力を高めるための努力を
小さなことも含めて何かできてますか?



コレ、ちょっと「チクチクっ」ってこないですか?
(来ない人、、失礼しましたm( __ __ )m )



つまり、自分の望む環境というのは、、、

待っていてくるものではなく、

取りに行ってとれるものでもなく、

作り出してこそ初めて生まれるものだ!



ということです。

※因みに、この辺のお話は、色々な書籍を読めばアチラコチラに書いてると思います。


私は自分で自分のモチベーションを自家発電するようにしており、
少し落ちてきたな・・・。と思ったら、週末などを使って、
自分で調整するようにしています。


が、


自分のモチベーションは管理できても、
人のモチベーションまで管理できているかどうかは分かりかねますが、
少なくとも自分のモチベーションは自己管理できていると思っています。



しかしながら、この辺が落とし穴なんですよね。。。



「自分はちゃんとしている。」







はて、ナニをもってちゃんとしているのでしょうか??

コレ、いわゆる言い訳なのではないかと解釈できます。



少し飛躍しますが、こういった点に気をつけないと、
小さな落とし穴から穴は大きく広がり、
できていたこともできなくなってしまうんだと考えられます。



これがまず、自分自身をコントロールし、
周りに対してマイナスにならないための考え方です。


で、


マイナスにならないようにすれば、
次は0になるか、自動的にプラスになります。


プラスにするといっても、一つの目標に向かって走らなかった場合、
ゴール地点はバラバラになり、力が分散することで、
目的意識・統率力を失い、企業の進むスピードは鈍化します。


こんなお話も本を読んでいたら沢山かかれてますよね?


ただ、自分自身をうまくコントロールできても、
人をコントロールするのって、本当に難しいことだと思います。

ここに、「リードする手法」「マネジメントする手法」がよくあげられますが、
これらは二つが良いバランスでまじりあってこそ、良いマネージャーであれるといわれています。

人をコントロールするというのは、余り良い表現ではなく、
リードしつつ、マネジメントする。この双方のバランスが大事なわけです。


この辺も色々本を読みましたが、
頭では理解しているけど、それを人に教え、
前述していた目標を達成するために、
行動を成させるようにすることは、なぜこんなに難しいのでしょうか?



頭では分かっているし、行動しようと思えばできる。
しかし、それを実践させ、成功につなげさせることは非常に困難です。


わかっているのにできない。という人が多く、
また、経験だけでは補うことができない。


今、この辺の答えを導くところで躓いてます^^;


分かっているのになんでできないのだろうか?

説明してみろ。といったら、きっちり説明できるのに、
なぜ、実践では通用しないのか?



組織論というか、、、
もっと単位を狭めれば人間論とでもいうべきなのでしょうか?



個の力を最大限に発揮し、
企業を最速のスピードで進化させること
って、

本当に難しいなと感じます^^;



最速ができないなら、今はゆっくり一歩ずつしかないのでしょうが、
せっかちな性格である私は、結果を求めがちであり、
のんびりスピードはとまっているのと同じだ。と考える傾向があります。


しかし同じことを繰り返しますが、できることから愚直に着実と進めることが、
急がば廻れの語源の如く、一番早いことなのかもしれません。


とまぁ、意味のないことをツラツラ書きましたが、
リーダーシップ・組織論などなど、日々疑問を解決すべく、
考えに考え倒してみたいと思います。


はぁ・・・。答えが見つかるといいな。なんてwww




マーケティングで大事なこと。

マーケティングで大事なこと。

それは、

「マーケティングってなんですか?」

です。

これ、本当そもそも論なお話なんですが、
皆さんも、宜しければあらためて考えなおしてみてください。

企業がメーカーでない場合、4Pの中でアンコントローラブルなものは、
Product(製品)、Price(価格)と、とりあえずいいきってしまっていいでしょう。
さらに、Place(場所)も選ぶのも困難かもしれません。

となると、一般的にマーケティングでコントロールしやすいものは、
最後に残ったPromotion(広告、宣伝)となります。

というわけで、すぐにとっつきやすいものとして、
この「Promotion」にスグ手が出てしまうわけですが、
重要なことを捉えていないために、自身の思考が、
明後日の方向へいってしまうマーケッターは多いのではないでしょうか?


では、マーケティングとは何なんでしょうか?

勿論、、、

メール会員を沢山集めることでもなければ、
かっこいい広告を作ることでもなければ、
ブランド力を高めることでもなければ、
集客することでもありません。


これは一部分を捕らえただけのことであって、
マーケティングの本質を捉えていません。

恐らく、聞いてびっくりするくらい当たり前のお話ですが、

マーケティングとは、、、

多くの人に

「出来るだけ沢山」「何度も」「出来るだけ高い値段で」

買ってもらう機会を作り出すことです。


これを忘れてしまっていては、良いマーケティングなど行うことはできません。


誰も思いつかない案が思いついた!とか、
すごくCoolな戦略ができた!
物凄くテクニカルなフレームを使った。

とか、

販売促進することが出来なければ、
そんなものは無意味なものとなります。



よくビールが売れない理由として、
「冬なのでビールの販売量が減りました。」なんていっている営業マンとか
周りにはいらっしゃいませんか?

もしいらっしゃったら、「しょーもない言い訳すなっ!!」といってやってくださいw

競合にもとーぜんの如く冬は来ます。
自社だけ冬が来る会社なんてありません。ってね。

こういったように、しょーもない言い訳などせず、
販売を促進する、「売れる戦略へと導くこと」がマーケティングです。

これを読んで、「あーそーだった!!」と思ってくださる方がいれば幸いです。

「自己満足≒マーケティング」にならないよう、私も気をつけたいと思います^-^

株式会社ディエスファインダ
eコマース事業本部
取締役 窪田大輔
http://www.ds-f.co.jp

null

ドナダビンスキー(マッキントッシュ)から学ぶ教訓

http://wiredvision.jp/archives/200111/2001111403.html
http://wiredvision.jp/archives/200111/2001111402.html


ビジネスにおけるダビンスキー氏の5つの教訓:(抄)

・「有能なチームを結成すること」
・「戦略を実行に移せ」
・「賢明かつ幸運であれ」
・「対人関係は敬意を持って」
 たとえ(ビジネス上の)関係がうまくいっていない相手でも……誰に対しても公平な態度をとること。
・「ある程度の損失は無視せよ」
 あるプロジェクトに投資して、それが発展しているとき、こう自問すること。
 「私の時間と金を投じて、これを続けることが最良だろうか?」。
 たとえ多くの時間と金をプロジェクトに投じていたとしても、ときには「捨てる」ほうがいい場合もある。



人生におけるダビンスキー氏の5つの教訓:(抄)

・「貯金せよ」
 生活費を払うための十分な蓄えを用意しておくように。そうすれば、会社のやり方が自分と合わないとき
 に、退職金をもらって……会社を辞められる←これは変わってない(笑)
・「ビジネスと同様、人生においても出会うすべての人に敬意を払うこと」
・「自分の人生を生きること」
 何ごともペースの速いシリコンバレーでは、間に合わせなければならない締め切りがつねにある。
 だが、家に帰るべきときを知らなければならない。
・「富を分配せよ」
・「誠実さが何よりも大事」いつも「品位と誠実さ」を持って行動することが重要だ。
 誰かと意見が合わないときは、正直に伝えること。失敗しても、元気を出して前進すること。

5F分析

5F(フォース)分析とは、業界、年代、地理的配置を定義して、
業界の旨み度チェックを行うフレームワークです。

■参入障壁
 その業界に参入する難易度

■売り手
 サプライヤーの交渉力の強さ

■買い手
 顧客の交渉力の強さ

■代替品
 代わりとなるもの

■競合の強さ
 業界のリーダーを定義することが多いです。

競合+買い手+売り手の力が強い場合、
魅力度の低い業界となり、それらが逆の場合、
旨みのある業界であると考えることができます。

業界の構造をFact整理する際に、便利なFWです。

コミュニケーション戦略


サントリーのタグラインは「水と生きる」です。



を読んだんですが、この本でプレミアムモルツに触れられていることを思い出し、
日曜日に飲んでみました。


個人的に遠藤さんとは気が合わないみたいで、
私にとって感動は余りありませんでした。

ま、本の書評はおいといて。。。


このビール、、、めちゃんこうまいです^-^


缶ビール革命が私の中で起こりました。

同じ缶ビールでも、
「ちょっとプレミアムな一日にするためのビール」というプロモーションと、
製品の品質がうまく整合しています。

これならリピートも確実に増えること間違いなしですね。

「水と生きる」をタグラインにしたサントリーさん。。。

ずーっとビール事業で成功したい!と思い続けた経営者の想いが形になり、
プレミアムモルツが生まれたんでしょうかね。

ビールを飲みながら、別なところで感動しちゃいました^^;


一緒に、スーパーでチキン南蛮をみつけ、購入してみました。

この広告として、「ご飯とよくあう・・・」って書いていました。

別にこのキャッチに影響されたわけでなく、
こちらはなんとなく購入したのですが、
同じ購入でもプロモーションが利いている場合と利いていない場合、
どちらもあるようですね。

予測できない数が、上向くか下向くか、
これが分からないからこそ燃えますね>プロモーション

ビールのほうは完全にサントリーさんのプロモーションにやられました。
私の消費行動欲を完全に動かすことができましたもんね。
私にとってはやられたぁ!!って感じです。

けどチキン南蛮に関しては、何も影響をうけず購入しています。

コミュニケーション戦略を構築するときは、
「DMUをよりクリアにしなければならないな。」
日曜日のスーパーで感じました。

プロモーションを行う側としては、
私のような属性が、ターゲットではなかったかもしれませんが、
こういうアンマッチな部分があるから、
プロモーションってゲームみたいで面白いんでしょうね^-^


ブログを書くときの参考サイト

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-236.html

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-223.html

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-216.html

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-189.html

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-171.html

http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-51.html


使えます。

安岡 正篤の言葉


1.死中活あり。(死を背にした中に活路を見出す)

2.苦中楽あり。(苦しみもがく中に楽しみを見つける)

3.忙中閑あり。(忙しさの中にも心のゆとりをもつ)

4.壷中天あり。(壷の中でも天に通じることができる)

5.意中人あり。(尊敬できる人を心の師とする)

6.腹中書あり。(己を導く座右の書を持つ)

忘れてはなりませぬな。

パレートの法則


2:8の比率にわかれちゃう、パレートの法則というものがあります。

なぜこんなものが働いてしまうのでしょうか?

豪腕の人が10人集まり、
トラックに綱をつけ、ひくようなことをしたとき、
一人当たりの力が100kgだった場合、全員で1tになるわけですが、
10人で同時に引いたときは、1tの力がでないようです。

この人数を100人にしたとき、一人辺りの力量は、
さらに小さくなってしまうらしいです。

つまり、「バレなきゃいいじゃん」という状態であった場合、
「誰かがやってくれるからいいか。。。」と考え、
ありったけの力をださなくなるようです。

じゃあ、出来るだけサボれる側にまわろうなんて思ってはいけません。

あなたがウサギであるならば、それでもいいかもしれませんが、
世の中の人、全員が全員ウサギではなく、
カメな人もいると思います。

基礎的な力をつけていて抜くのと、
そもそもその力がないのとは全くの別です。

周りを見てからアクションを考えるのではなく、
自分の人生なんですから、やはりどんなときも目一杯挑みたいものです。

出来ることなれば、ヒト系分野に関して、
全員でパレートの法則を覆すことができるよう、
日々頑張りたいものですね。

«Prev 1 2 Next»
このページのトップへ戻る
© 2008 Project Loafer/Project Fireball and all blog writers. Powered by Nucleus CMS